Hana Memo

ARTICLE PAGE

ロングリーフの木偵察警戒所初訪問記

今回は、ロングリーフの木偵察警戒所の初訪問記を書いていきたいと思います。



トレント村での散策と調査を終えたプレイヤーは、東門から村を出発。懸命に働き続けるオーガたちを横目に見ながら、川を渡っていくと……

01崩れた小屋と兵士達

↑崩れた小屋に兵士が数名隠れています。話を聞いてみると、彼らは何やら「巨大なモンスター」の攻撃を受けていて、支援を待っている状態であるとのこと。
巨大なモンスターに破壊された小屋は、エントの森でも幾つか発見してきました。あれらは恐らく巨大なエントかオーガによって破壊されたのだと思われますが、此処にいるのは一体……?
エントなのかオーガなのか、それとも別の巨大生物なのか……恐る恐る先へと進んでいくと……

02サイクロプス

↑かなり巨大なジャイアント……みたいな生物に遭遇!
普通のジャイアントと違うのは、原始的な服装にサイズ、そして一つ目であること!(と言っても、初見時はすぐに襲われてしまったので、そんなじっくりたっぷり観察する暇はなかったのですが……笑)
どうやら彼らは「サイクロプス」というらしい。「サイクロプス」と言えば、ギリシャ神話に登場する単眼の巨人のことで、様々なゲームやアニメにもモンスターとして登場しています。
砂漠の世界でも、エントの森で破壊された小屋を調査した際に「オーガやサイクロプスのような力が強い種族」という文言があったのと、ギルクエで時折「サイクロプス討伐してきて」という課題を目にしていたので、初見時の感想としては「あ~貴方が噂のサイクロプスさん!」といった感じでした。

03ラッコがいっぱい

↑小屋の近くの湖?池?には、ラッコ族たちが大勢!
話しかけることができないので何をしているのか分かりませんが、集団で群れているラッコ族を見るのは恐らく初めてだったのでとても驚きました。

04リフト発見

↑更に先へと進むと、なんと……木の上に昇っていくリフトのようなものを発見!早速乗り込みます。

05ツリーハウス

↑リフトを降りてみると、そこはいくつもの木に跨って展開されているかなり大規模なツリーハウスのような建造物でした!
エントの森辺りでも大分ファンタジー色が強いエリアだなと思っていましたが、此処はそれ以上!冒険心をこれでもか!と擽ってきます……!

06落ちたら

↑かなりの高さなので、勿論落ちてしまったらただではすみません……。

07ネリードーミン

↑こちらはネリードーミンさん。「カーマスリブの聖人」であり、このツリーハウスもとい「ロングリーフの木偵察警戒所」の指揮官さんです。
彼女の話によれば、この場所はラッコ族を保護するための警戒所であるとのこと。最近は「黒いオーラ」に感染した「ガーゴイル」が出現しており、彼女らは昼夜問わず繰り返される戦闘に苦しんでいるらしい。

08-1地図

↑彼女の後ろにあるデスクには何やら地図のようなものが。陣営を指揮するためのものかしら?

08-5ロープウェイ

↑この警戒所はいくつもの木に跨って展開されているだけでなく、いくつものロープウェイを渡らせて枝分かれしているため、かなり迷いやすい作りになっています。
だからその地図、一部貰えたりしないかなー……なんて考えたりもしましたが、恐らく砂漠の世界の時代設定ではコピーやら複製やらは難しいだろうし、地図は貴重品だったりするのかな。


09ロングリーフの木とは

↑ちなみに「ロングリーフの木偵察地」という名称は、長~い木々からとられた名前であるようです。……ロングリーフだと直訳で「長い葉」になるので、「ロングツリー」の方が合ってるような気がするんだけど……。笑
ていうか、この台詞を噛まずに言い切れるってすごい!まるで学生時代「原稿用紙〇〇枚以上の感想文を提出せよ」って課題を出された時に苦し紛れでする文字数稼ぎみたいな台詞!笑

10サシェナ

↑ネリードーミンさんの他にも、この警戒所には美しい女司祭さんが大勢います。こちらは私の一押し、サシェナさん。ぱっつん前髪がとっても可愛い!
彼女のように、エルフと思しき長身の司祭さんもいれば、

11ダイル

↑彼女のようにどこからどう見てもシャイ族にしか見えない司祭さんも。
彼女は「まだその時ではない」という理由で第一線での戦闘への参加を周囲に反対されているというダイル・オーイェンちゃん。「まだその時ではない」というのは、恐らく「まだ幼いから」と同義。なぜなら、

12かくれんぼなう

↑彼女と同じような容姿のモブ司祭さんたちは「若い司祭」という名前がついているのです。この「大人エルフに怒られる」という台詞だけを見れば、彼女たちは「子供エルフ」であるともとれそうですが……

13エルフは慎重

↑彼女(うまく写っていませんが、シャイ族と思しき容姿の少女)の台詞は、「自分はエルフ族ではない」という意味にとれるようにも思えます。
彼女らがただのグラの使い回し(=幼いエルフ族の司祭)なのか、それとも「若い(シャイ族の)司祭」なのかは謎。
……正直、この砂漠の世界でシャイ族ではない子供のNPCは数えるほどしか見たことがないので(オルビア村やベリア村に、本当に数人の人間族の少年がいる程度。人間族の少女はおろか、獣人やエルフの年少者は今まで見たことがありません)、この問題に突っ込むのは野暮な気もしていますが。

14男たち

↑いずれにせよ、うら若い女司祭たちで溢れているこの警戒所には、彼女らが目当てなのかそうでないのか、冒険者の男も大勢います。

15故郷の

↑彼を見て竜宮城の浦島太郎を想起したのは私だけでしょうか……。こう、非現実的な場所で美女に囲まれて過ごして、ふと捨て置いてきた故郷を思い出している感じが……。

16以毒制毒

↑こちらの冒険者さんは、毒キノコを食べてしまった司祭さんのために医学書の知識を総動員させています。「毒を以て毒を制す」とは、中国南宋時代の書物にある言葉。言葉自体を知っている人は多そうだけど、実際に行動に移すとなるとかなりの勇気が要りそう……。

17小屋の中

小屋の中を見てみると、なるほど確かに体の小さい司祭さんが二人います。
ベッドに寝ている方が、件の毒キノコを食べてしまった司祭さんかしら?とりあえず、椅子に座っている方の司祭さんに話しかけてみると……

18退屈です

↑あれっ、なんかすごいお気楽な台詞。お友達のお見舞いに来ているとか、そういう感じじゃないんですね……?
まあ、お友達の方はともかく、心配なのは毒キノコを食べてしまったという司祭さんの方です。というわけで、ベッドに寝ている彼女に話しかけてみると……

19寝るのが好き

↑……ん?んんん?おかしい……微塵も毒に苦しんでいる様子じゃない……。
あれか……?「いつまで寝てるんだ!」って親に怒られた子供が「違うもーんお腹痛いんだもーん!」ってごねた的な……それを親が本気にしちゃった的な……そういうあれなの!?

19-5食べたい

↑っておーい!お前が食うんかーい!!!!!!笑


20ガーゴイルとの闘い

↑もちろん、この警戒所にいるのは暇を持て余して眠りこけたりキノコ食いまくったりしている人ばかりではありません。小屋の外では常にガーゴイルとの戦闘が繰り広げられています。
負傷者もかなり出ているようで、司祭たちは冒険者やトリーナ騎士団の兵士など、所属を問わず怪我人の救護も行っているようです。

21首が

↑モンスターにやられてしまったのか、ものすごい体勢で苦しんでいる人も。首がすごい角度になってるけど、大丈夫なのかしら……。

22戻りたくない

↑警戒所の司祭さんに救出されたらしい兵士さんは、もう戦場には戻りたくないと本音を零しています。

23戦う意味

↑このゲームを始めてから何度も聞いた気のする、「戦うことに意味はあるのか」という問いを投げかけてくる兵士さんも。
カルフェオン所属の兵士さんたちは狂暴化したモンスターから領地を守るために戦っているんだろうけど、なぜ狂暴化してしまったのかも定かじゃないし……。

24疲弊

↑終わりの見えない戦闘に、司祭さんたちも疲弊しきっています。
警戒所の司祭さんはラッコ族を守るため戦っているというけれど、そこに何の意味があるのかはいまいち釈然としません。実は神聖な種族だったりするのかな……?


25ブランコ

↑でも、この警戒所は狂暴化したモンスターさえいなければ平和な場所なのかもしれません。警戒所内にはこんな可愛いブランコも備え付けてあるくらいですし!
ナチュラルな雰囲気が好きな人にはたまらない景観なので、ちょっと不便な場所ではあるけれど、いつか住んでみたい……!



----------



本当はこの先も一緒にまとめてしまいたかったのですが、思った以上に文章とSSが多くなってしまったので分割しました。
というわけで、次回はカーマスリブ司祭さんたちが必死で守るラッコ族たちの住まう村の初訪問記を書いていく予定です~。
スポンサーサイト

4 Comments

姫はふさふさ  

ロングリーフは景色がとってもいいところじゃのうー!わらわのマイホームを作りたい場所上位になるんじゃ!
上に行くとロープウェイで他の場所まで行けたりして面白いんじゃ。わらわが初めて訪れた時はこのロープウェイどこまで行くのだろうとドキドキしながら乗ったもんじゃ。
亜麻子殿の記事を見てまた1からクエを受け直してみたくなったよー!
サイクロプスのギルクエが出たらよろしくねー!

2018/06/03 (Sun) 18:48 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/10 (Tue) 06:49 | EDIT | REPLY |   

亜麻子  

Re: タイトルなし



コメントありがとうございます。
ロングリーフの森は景色もBGMも素敵ですよね。ロープウェイも今まで行った都市にはなかったものなので、とっても興奮しながら乗ったことを覚えています。台詞の聞き逃しがないように地図を書きながら探索したのですが、相当迷いました。笑
サブキャラでクエを受け直していると、メインの時には気が付かなかったこととかも発見できて面白いですよね。私もいつかロングリーフにマイホーム作りたいです。

2018/07/12 (Thu) 17:30 | EDIT | REPLY |   

亜麻子  

Re: タイトルなし

Dさん

コメントありがとうございます。
突然の脱退でご迷惑、ご心配をおかけしてしまい本当に申し訳ありません。
砂漠はまだまだ続けるつもりですし、ブログも細々と更新していけたらと思っています。自分のための備忘録ブログとはいえ、読んでくださっている方がいると思うと励みになります。ありがとうございます。

2018/07/12 (Thu) 17:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment